スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

頭痛を和らげたいときのアロマテラピー

頭にズキズキとした激しい痛みを感じるときは、おそらく何をする気にもなれないという人が少なくないと思います。
薬を飲んで頭痛を抑えるのもいいのですが、そうする前に、アロマテラピーで症状をやわらげましょう。


頭痛の症状を緩和するのに効果のあるアロマオイルには、ラベンダー、ペパーミント、ユーカリ、カモミールなどといったものがあげられます。
こうしたアロマオイルを用いたアロマテラピーで、頭痛を和らげましょう。


では、そのアロマテラピーの方法なのですが、洗面器を使ってのカンタンスチームの芳香浴がおすすめです。
お湯から立ち昇るあたたかい湯気とアロマオイルの香りを深く吸い込み、ゆっくりと呼吸をしてみましょう。
香りの効果によって精神的な緊張も解けてリラックスでき、次第に頭痛が和らいでいきます。


また、冷湿布によるアロマテラピーもおすすめです。
首のつけ根やおでこなどにこの冷湿布を当てると、大変気持ちよく感じることでしょう。

2010年12月17日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

いつものお風呂に、自作のバスボムを入れてみては?

アロマバスといっても、フットバスや半身浴、全身浴といくつか種類がありますが、バスボムという入浴剤の作り方をご紹介します。
バスボムとは、いわゆるバブのような入浴剤です。


まずは用意するものですが、
・重曹(大さじ9杯)
・クエン酸(大さじ3杯)
・コーンスターチ(大さじ3杯)
・お好きな精油
となります。
※重曹:クエン酸:コーンスターチ=3:1:1が基本分量となります。


はじめに、重曹、クエン酸、コーンスターチの3つをしっかりと混ぜ合わせます。
そこに、水をほんの少しずつたしていき(霧吹きを使えば失敗しないのでおすすめです)、固形にできるほどの固さになるように混ぜ合わせましょう。
そして、精油を数滴垂らし、あとはラップに包んで形を整えれば完成です。


保湿効果もねらうなら水の代わりにグリセリンを使い、より鮮やかにするのならドライフラワーやドライハーブを入れるといいでしょう。
あと、先に精油は入れると香りが飛んでいることも多いので、バスボムを使う直前に精油を垂らすとそれがなくなります。

2010年12月14日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

アロマペンダントを着けて、いつでもどこでも癒しを。

アロマペンダント(ネックレス)というのをご存知ですか?
テレビでも紹介されたことがあるぐらい、人気があるものなのです。
どういうものかというと、付属のフィルターにお好きなエッセンシャルオイル、または香水を染み込ませて、フタを閉めるだけ。
体温でエッセンシャルオイル(香水)が温められ、ほのかでやさしい香りが立ち上がります。


使い方は、アロマペンダント本体のキャップを開けて、付属の専用フィルターにエッセンシャルオイルを2~3滴垂らします。
香りがしなくなってきたら、1~2滴ほどエッセンシャルオイルを追加しましょう。
同じフィルターで繰り返して使用できますが、違う香りのエッセンシャルオイルを使用するときにはフィルターを換えましょう。


ただし、エッセンシャルオイルを入れすぎると、オイルがアロマペンダント本体から漏れてしまい、衣服などが汚れてしまうことがあります。
フィルターが吸収しきれないほど、オイルを多量に入れないようにしましょう(だいたい2滴が適量です)。
また、ねじ部分やアロマペンダント本体の外側にエッセンシャルオイルがついたときは、さっと拭き取ってから使用しましょう。


[PR]
マッサージ 練馬区
マッサージ 新宿

2010年12月02日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

アロマオイルの中でもラベンダーの香りには、
自律神経のバランスを整える効果がある言われています。

また、自律神経のバランスが保たれると、リラックス効果があるのですが、
反対に、強いストレスがある状態だと、
そのバランスが崩れてしまうことがあります。
ラベンダーの香りは心身ともにリラックスさせてくれます。

ラベンダーの使用方法は、
気分が悪くなったら、
ハンカチなどにエッセンシャルオイル(精油)を1滴落とし、
ゆっくりと香りを嗅いで下さい。

そして、 お風呂にラベンダーを6滴ほど落として入浴する。
ラベンダーには冷え性を解消する効果もあって、
体を温めることは自律神経にも良いと言われています。

外出先でもしも、気分が悪くなって不安になってしまった時、
更に症状が悪化することがあります。
そんなときは、まずラベンダーの香りでリラックスしましょう。

但し、ラベンダーの香りは少しクセがあるので、
苦手と思った方は、避けたほうがいいでしょう。

苦手な香りは、健康な人でも頭痛がしたり気分が悪くなったりするものです。

2010年09月17日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

落ち着きたいときに

日々、ストレスや悩み事でココロというものは、なかなかに落ち着いてくれないものです。
こちら側で落ち着かせたところで、ヒトと絡んで生活している以上、悩みの種は尽きません。
そういったときにも効果的なアロマはあります。

落ち着くためのボディマッサージ

ホホバオイルなどのキャリアオイルにベルガモット、ゼラニウム、イランイランのアロマオイルを混ぜます。
呼吸を大きく取りながら、オイルを使ってゆっくりとマッサージしてください。
また、ヒトの手も落ち着かせる効果があるので、誰かにしてもらうのも効果的です。

緊張をほぐす全身バスマッサージ

落ち着かないというのは緊張している状態なので、それをほぐすことが必要です。
オートミールにローズのアロマオイルを落として、よく混ぜてください。
後はガーゼに包んで柔らかくなるまで、湯船につけてください。
その後、湯船につかりながらガーゼでマッサージをします。
ローズの香りで、優雅な気分に浸り、緊張をほぐすことができます。

2010年09月09日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

| おっさんのハッピーアロマ生活TOP |

前のページ« | このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。