スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

遮光性のガラス瓶を選びましょう

アロマオイルの選び方のポイント

●遮光性のガラス瓶
アロマオイルが入っている瓶が、
遮光性のガラス瓶かどうかの確認も
しておく方が良いと思います。

瓶の口が、1滴ずつ垂らすことができる、
ドロッパーがついているものや、
一度フタを開ければわかるようになっている、
密閉タイプのフタが使用されているものが
オススメのタイプです。

▽オススメするマッサージサイト▽
便利な出張マッサージを五反田で利用しましょう
アロマセラピストの求人情報

スポンサーサイト

2011年06月24日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< アロマオイルのブレンド | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | ハーブの種類 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。