スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アロマテラピーと近代医学の歴史

アロマテラピーという言葉は、1928年に
フランスの科学者、ガット・フォセが
書籍の中で書いてのが始まりです。

しかし、さかもぼってみると、歴史は古く、
3000年以上の歴史があります。

こんなに古くからアロマテラピーは活用されていたのです
しかし、考えてみたら植物なので、当然なのかもしれません。

こうして17世紀には英国の、カルペパーやジェラードなどの
薬草科学者によって、ハーブ医学が広まって行ったのです。

その後、西洋医学によって、
手術や、医薬品や、科学療法に広がりにより、
影が薄くなっていきました。

しかし、新しい病気や、現代病と言われるストレスや生活習慣病に対し、
近代医学はほとんど無力なのです。

そこで、また注目されてきたのが
予防医学という視点からの治療です。

アロマテラピーは予防医学において、
有効性が認められるようになってきたのです。

近代医学も重要ですが、それだけではまだ、完全ではありません。
アロマテラピーで自然治癒力を上げて、
健康な体を目指しましょう。



スポンサーサイト

2010年09月11日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< 男のアロマテラピー | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | 落ち着きたいときに >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。