スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

一度は耳にしたことがある「ハーブ」ってどんなもの?

ラテン語で草という意味のある「Herba(ヘルバ)」から、ハーブ(Herb)という言葉が生まれました。
香草」といわれることがあるぐらい、どのハーブにも香りを持っているような印象を受けます。

東京で出張マッサージを利用するなら

中世ヨーロッパにおいては、ハーブ香りが魔よけになるとされていたことから非常に珍重され、現代でも個性的な香りを特徴とするハーブがたくさんあります。
香料として利用するのはもちろん、美容化粧品に使うものや料理に用いるハーブのほとんどに、よい香りを放出する種類が多くあります。


このため、ハーブと「香草」は同じだと勘違いされている方が少なくありません。
ただ、植物にごく少量だけ含まれているエッセンシャルオイル(精油ともいいます)がハーブの香りの正体です。
あらゆる成分で構成されているこの製油を正しく使えば、人々の心身にさまざまなよい効果をもたらすのは間違いありません。

マッサージといえば大阪市港区

スポンサーサイト

2011年01月27日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< ハーブに水をあげるタイミングはいつ? | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | アロマテラピーをするのなら、換気もしっかりできるように >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。