スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

花の女王、精油の女王ともいわれているローズの効能

花の女王精油の女王ともいわれているローズは、気品に溢れているアロマオイルです。
溶剤抽出法と水蒸気蒸留法によってローズの精油がつくられますが、一般的にはダマスクローズ(ダマスセナ)は水蒸気蒸留法で、セイヨウバラ(センチフォリア)は溶剤抽出法によってアブソリュートが得られます。


ダマスクローズから抽出した精油をローズオットーといい、低温で凝固する性質を持っています。
バラの花3tを使ってやっと1kgの精油が得られることから、大変貴重な精油といえます。
5月後半から6月の間にダマスクローズの収穫が行われ、早朝5時から10時が最も精油を含む時間帯とされていることから、この間に摘み取られます。


女性特有の症状にローズはとても有効で、メンタル面を安定させ、月経前緊張症を緩和しする作用があります。
また、ローズオットーには刺激性がないことから、あらゆるタイプの肌質に有益なのです。
特に敏感肌や乾燥肌、老化肌などのようなデリケートな肌にいいとされており、美容にも最適なのです。

スポンサーサイト

2011年01月04日 アロマオイル トラックバック:- コメント:-

<< 体のこりや痛みには、アロマ湿布で解消を | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | 仕事中に気だるく感じてきたときにおすすめのアロマテラピー >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。