スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

仕事中に気だるく感じてきたときにおすすめのアロマテラピー

眠さやだるさといった、毎日とまではいかなくても、オフィスでこんなちょっとした苦痛を感じることがあるのではないでしょうか。
そんなネガティブな感情をスッキリさせるために、アロマテラピーを活用してみましょう。
天然の香りなので、近くの人の邪魔になることはありません。


ランチの後、午後2時ぐらいになると睡魔が襲い掛かってきます。
昼寝をして気分転換できればいいのですが、仕事中はそうもいきません。
そんなときには、ライムレモンでも大丈夫です)でのアロマテラピーがおすすめです。
集中力を高め、心に活気を与える効果がこの香りにあります。


また、人間関係が複雑だったり、なぜか「ついてない」とき、忙し過ぎるときなど、なにかとよくイライラしてしまうときもありますよね。
そういうときには、焦りの感情を抑えるベルガモットでのアロマテラピーがいいでしょう。
シトラスさとスパイシーさの両方をあわせもつベルガモットの香りは、心を優しくなだめてくれる効果があります。

スポンサーサイト

2010年12月24日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< 花の女王、精油の女王ともいわれているローズの効能 | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | アロマテラピーで癒されるその理由とは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。