スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「エッセンシャルオイルで香水が作れる」とは言うけれど……

エッセンシャルオイル(精油)を使えば確かに香水は作れますが、具体的にどのような分量で作ればいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、香水作りに必要なエッセンシャルオイルの量を簡単に計算してみましょう。


今回は、無水エタノール(5ml)を使って賦香率15%のラベンダーの香水を作ることを例にします。
賦香率が15%なので、使うエッセンシャルオイルの量は
 5ml×0.15=0.75ml 
となります。
では、エッセンシャルオイルを何滴使えば0.75mlなのかといいますと、1滴の量はおよそ0.05mlですので、
 0.75ml/0.05ml=15滴 
というわけです。

もし無水エタノールを倍の10mlにしたいのなら、上記の計算式の5mlのところに10mlを入れればいいですし、賦香率15%の香水ではなくて7%のものを作りたいのであれば、上記の計算式で0.15ではなく、0.07を掛ければ必要なエッセンシャルオイルの量がわかります。


[PR]
マッサージ 東京
マッサージ 東京

スポンサーサイト

2010年11月09日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< イランイランというアロマオイルの効果 | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | 使い方次第で、アロマが部屋の消臭剤に >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。