スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

使い方次第で、アロマが部屋の消臭剤に

「防臭」や「防臭剤」といった意味をもつのがデオドラント(deodorant)という言葉です。
要するに「におい消し」ですね。


最近では、数多くの種類の芳香剤や消臭剤などが売られていますが、アロマテラピーでは植物の芳香成分をかき集めた精油を使います。
香りをプラスできるのはもちろんのこと、嫌なにおいを制御するような香りをもつ植物もあります。
それをうまく利用すれば、ペットやタバコなど、気になる家の中のにおいを和らげることができます。


部屋のにおいが気になる(例えば寝室やリビング、玄関など)ようなら、アロマライトやディフューザーなどで精油の香りを広げましょう。
手軽な方法では、熱湯を陶器などに入れて、そこに数滴精油を落としたものを置きます。
火を使わないので、火事などに気をつけなけばならないということはありませんが、お湯が冷めてしまえば香りはあまり広がりません。
すぐ部屋の香りづけや消臭をしたいときなどには大変便利です。


[PR]
渋谷 出張マッサージ
東京 出張マッサージ

スポンサーサイト

2010年11月03日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< 「エッセンシャルオイルで香水が作れる」とは言うけれど…… | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | アロマオイルの特徴~イランイラン >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。