スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

赤ちゃんにアロマテラピーをしてあげるなら

なにからなにまで、赤ちゃんはすべてがスモールサイズです。
大人からすれば何ということがないようなことでも、赤ちゃんにはストレスになりかねません。
なにもつけず、手足を温かい手でやさしく握ってあげたり、軽くさすってあげるだけでもいい運動になります。


特別な技術は何も必要ありません。
こちらがやってあげたいときと、赤ちゃんがやってほしそうなときとがぴったり合致すると、そのスキンシップはとても素晴らしいものになるんじゃないか、と私は思います。
もし赤ちゃんになにかをつけてあげるのなら、精油(エッセンシャルオイル)は使わずにキャリアオイルのみを使ってのマッサージにしてあげてください。
また、刺激がない芳香蒸留水を使うのもおすすめです。
あせも体策やお肌がかさついていてちょっと、といったときに、このキャリアオイルや芳香蒸留水が一役かってくれるのです。
ちなみに、ラベンダーの芳香蒸留水にハチミツを少し加えると、オムツのかぶれなどにも有効です。

スポンサーサイト

2010年10月26日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< アロマオイルの特徴~イランイラン | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | アロマを症状で使い分けましょう。 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。