スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アロマテラピーはこういうもの

アロマテラピーで使われるエッセンシャルオイルは何万種類もあると言われ、その原材料のほとんどは植物です。


日々の癒しだけにとどまらず病気の治療にも有効とされていることが分かっているので、奥が深いものであることが分かります。
ただ、効果があるといっても目に見えるものではないので、アロマテラピーが療法として確立されたのはごく最近のことです。


しかしアロマテラピーのルーツはとても古く、紀元前2000年頃には、既にこれに似た療法があったのです。
日本においても、平安時代には臭いをモチーフにした世界がありました。
古くから私たちの心と植物の香りには密接な関係があったことから、療法としてアロマテラピーが確立されたのでしょう。


身体に対して一種の化学反応が、アロマテラピーによって起こります。
鼻から香りを吸入することで呼吸器に、またマッサージなどによって精油を毛穴から取り込んで、身体全体にその効果をひろめることが出来るのです。
なかでも呼吸器系の病気にはかなり高い効果があります。
心身ともに癒されリフレッシュできることでしょう。

スポンサーサイト

2010年10月19日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< そんなにアロマが好きなら、資格取っちゃう? | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | エッセンシャルオイルって何なのさ? >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。