スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

今更ながらのHow to アロマ

何となく憂鬱な気分、そんなときはグレープフルーツの香りを部屋にくゆらせましょう。


専用のアロマポットにお湯を入れ、精油を3、4滴落とします。
香りが熱によってより拡散する効果を利用するために、アロマポットを使います。
マイナスイオン効果もあるもの、精油そのものの純粋な香りを楽しめるものなど、目的や部屋の広さに応じてアロマポットを選択しましょう。


香りを気に入って嗅ぎ続けたいと思っても、しばらくするとその感覚はなくなってしまいます。
なぜなら嗅覚は疲労するという特徴があるため、長時間同じ香りを流しても、それを楽しめるのはほんの数十分だけなのです。


部屋に匂いはあるのに、そこにいる人は感じなくなってしまいます。
そのため、香りを効率よく楽しむには、1時間ほど流したらいったん止め、また1時間ほどしたら流すというようにするのがおすすめです。
また、どこにポットを置くかによって香りの流れ方が変わるので、空気の流れも意識しておくとよいでしょう。

スポンサーサイト

2010年10月08日 アロマ トラックバック:- コメント:-

<< エッセンシャルオイルと同じく、必要不可欠なベースオイル | おっさんのハッピーアロマ生活TOP | イランイランの香りと効能 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。