スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ベビーマッサージをしてあげるときに

乳幼児に対して、オイルを使ってのベビーマッサージをすることがあります。
これは、乾燥してかさついた乳児のお肌に潤いを与えるとともに、ふれあい(タッチング)によって母子のスキンシップを深めることができるため、大変おすすめです。


ベビーマッサージを実践するときに使用するオイルは、ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、グレープシードオイルなどといった、キャリアオイル(乳幼児にも、大人にも、お肌に直接つけていただくことが可能です)とよばれるオイルだけで、香りのある精油(エッセンシャルオイル)はブレンドしないで下さい。


一般的に3歳未満の乳幼児は、抵抗力が大人と比べてずいぶん弱く、また体重も少ないため、精油の成分の影響を受けやすいとされています。
したがって、精油を使うのはお部屋で芳香浴をする場合のみとし、ベビーマッサージのときには精油を一切使わないようにしましょう。
また、このときにつかうキャリアオイルは、必ずアロマテラピー用のものを使いましょう。

スポンサーサイト

2010年11月25日 アロマ トラックバック:- コメント:-

| おっさんのハッピーアロマ生活TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。