スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ハーブの種類

ハーブの種類は、
約3000とも5000とも言われています。

正確な数はわかりませんが、
ハーブというのは昔から各地で利用されているのです。

ハーブの多くは芳しい香りを持っています。

最近、日本でもハーブの人気が
高くなってきましたが、
欧米諸国を始め、南半球、アジアの国々でも、
ハーブの人気は高まっているようです。

この現象のには、自然の力を見直して、
自然を大事にしようと言う考えが地球規模で
広まっていることが影響しているのかもしれません。

自然の力は、偉大で決して侮ってはいけません。

ハーブには、そんな自然の力がつまっています。

もしからしたら、ハーブの力は、
今後、もっと私たちの生活にとって
身近な存在になるかもしれません。

スポンサーサイト

2011年06月22日 ハーブ トラックバック:- コメント:-

ハーブの歴史

ハーブの歴史は古くて、ヨーロッパでは、
キリスト教の発祥以前から使用されています。

現在でも、ハーブを庭で育てている家に住む人や、
ハーブに造詣が深い人も多く存在します。

そのような人達は、尊敬を込めて、
ハーバリストやハーバルセラピストと呼ばれています。

ヨーロッパ中世に起こった、
ペスト(黒死病)の蔓延を救ったのも、
ハーブの知識とされています。

それだけ、昔からハーブは
人々の生活に役立っていたのです。

現在においても、ハーブの効能は有効とされていて、
研究によって、ハーブは抗酸化作用が強く、
免疫力アップする効能が判明しているんですよ。

▼アロママッサージを受けたい方は、この店舗
http://www.tokyo-honpo.com/wards/meguro.html

▼疲れを癒すマッサージ店を探せるサイト
マッサージを愛知で探せます

2011年06月15日 ハーブ トラックバック:- コメント:-

ハーブに水をあげるタイミングはいつ?

ハーブに水をやるタイミングは、土の表面が乾いてきて白っぽくなるころが一番いいとされています。
乾くまで水をあげないことにはじめは抵抗を感じるかもしれませんが、その分空気を吸収できるので植物にとっては都合がいいのです。


土が乾くまでハーブに水をあげないので、そのときは土の間と鉢の縁を水で満たすくらいに多くあげましょう。
このとき、花や葉に水をかけないように、土に流し込むようにして水を与えましょう。
ただし、鉢皿に水をためるとハーブが腐ってしまうので注意してください。

2011年01月31日 ハーブ トラックバック:- コメント:-

| おっさんのハッピーアロマ生活TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。