スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

頭皮にやさしいアロマ



水やローションにアロマオイルを溶かしてスプレーにすれば育毛効果があると言われているそうです。私みたいな歳になるとそういうのも気になるのでいいですね。イランイランの精油をそういう風に使うのがいいみたいです。またリンス代わりにもなるそうですよ。インドネシア半島の女性たちはイランイランを髪に塗って手入れをしているので効果ありそうですね。

スポンサーサイト

2012年07月03日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

アロマバスとは

お風呂にエッセンシャルオイルを入れて、アロマバスをすると、血液の循環が活発になり、新陳代謝も活性化されます。
さらにエッセンシャルオイルの効用も同時に得ることができるのです。

出張マッサージ 天王寺区

自宅の浴室は基本的には狭い空間だと思うので、芳香の効用を効率よく得る事ができるのです。
揮発したエッセンシャルオイルが、呼吸をすることで体内へと入り、血管を通って全身へと流れていきます。
また、お湯にもエッセンシャルオイルが入っているので、皮膚からも直接浸透するので有効的となっているのです。

マッサージ 千葉 中央区

2011年02月09日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

芳香浴とは

芳香浴は、アロマテラピーを気軽に楽しむ方法です。
また、最もポピュラーな方法でもあります。
アロマオイルのやさしい香りで日常のストレスから解放され、ゆったりとした気分を味わうことが出来ます。

マッサージ 神奈川



アロマポット:
アロマポットは、キャンドル式のアロマ芳香器です。
上部の受け皿にお湯や水を入れた後、アロマオイルを1~5滴たらして使います。
器の下にキャンドルをセットし、火をつけると、オイルが揮発し、香りがお部屋に広がります。
香りが立ちやすく、比較的安価で手に入るのが特徴です。
キャンドルを使用するため、火の取扱いには十分注意する必要があります。
就寝時には、必ず火を消しましょう。

マッサージ


アロマディフューザー:
ディフューザーは、エアポンプを使ったアロマ芳香器です。
圧縮空気を使ってアロマオイルをガラス管内に吹きつけ、微粒子にして外に送り出します。
アロマポットなどと違ってオイルを加熱せず、アロマオイル本来の香りをそのまま広げます。
オイルの消費量は多めですが、10~20畳の広いエリアにも効果的に香りを広げることが出来ます。

2011年02月07日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

精神的なものによる、お腹周辺のトラブルを解消するアロマテラピー

ストレスが原因で下痢や腹痛を引き起こすなど、お腹周辺は精神的な影響を受けやすい非常にデリケートなところです。
アロマテラピーをして、胃腸の調子を整えてみてはいかがでしょうか。


まず、こうしたお腹周辺のトラブルに有効なアロマオイルをご紹介します。
このときにはラベンダーやシナモン、バジル、カモミールを使用するのがおすすめです。
アロマテラピーの具体的な方法としては、温湿布がいいでしょう。
お腹周辺(とくに下腹部)や腰、背中など気持ちよく感じるところに温湿布を当てれば効果てき面です。

2011年01月21日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

アロマテラピーで癒されるその理由とは

アロマセラピーには、皮膚から精油の成分を体内に吸収させる以外にも、嗅覚を通じて吸入させる手法があります。
この「吸入」の手法は、精神的な効果がとくに大きいといわれています。
というのは、聴覚や味覚、視覚、触覚、そして嗅覚という五感とよばれる5つの感覚のなかで、嗅覚だけが、「古い脳」をダイレクトに刺激を与えることができるからです。


人間の大脳には、理性を司っている「大脳新皮質」が外側にあり、本能や感情、記憶を司っている「大脳辺縁系」が内側にあります。
それぞれ「新しい脳」、「古い脳」ともよばれています。
嗅覚を除いた4つの感覚から伝えられた情報は、まずはじめに「新しい脳」といわれる大脳新皮質を通過してから、「古い脳」ともいわれる大脳辺縁系に送られものなのですが、嗅覚からの情報だけが、「古い脳」に直接伝わるのです。


精油の香りをかぐことで「古い脳」がより活発にはたらき、感情の豊かさを取り戻すことやストレスを解消するのに大いに役立ち、精神状態のバランスを維持するのに効果的とされているのです。

2010年12月21日 アロマで落ち着く トラックバック:- コメント:-

| おっさんのハッピーアロマ生活TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。